ニュース

【業務用】ワインや日本酒をセルフサービスでサーブするサーバーが登場

投稿日:

ファンビーノ コイン式ワイン・Sakeサーバー

画像出典:PRTIMES

飲食店やホテル・商業施設向けに、『ワインや日本酒を適温で保冷しつつ、ボタン一つで適量を注ぐ』セルフサービス用のサーバーが登場しました。

 

この記事のポイント

  • 750mlのボトルが6本収納可能、3本ずつ個別温度設定OK
  • 専用のコインを入れてボタンを押すと、選んだボトルの中身が設定した量だけ注がれる(1ml~200ml)
  • 注いだ分だけ窒素ガスが充填され、酸化を防ぐ(別途窒素ボンベの準備が必要)
編集長
エンタメ性もあるので、これをウリにした店も出てきそうですね!

ファンビーノ コイン式ワイン・Sakeサーバー

ファンビーノ コイン式ワイン・Sakeサーバー

画像出典:PRTIMES

◆操作は専用コインを入れてボタンを押すだけ、お客様自身での「セルフサービス」が実現

◆ワイン・日本酒の「劣化を防ぐ」「適温で保冷する」「ボタン1つで設定量を注ぐ」

という機能を備え、ワイン・日本酒の品質管理からサーブまで限りなくシンプルなオペレーションを実現。

人手不足に悩む飲食店・ホテル・商業施設の方々にとって、省人化とサービス向上を両立、また飲む楽しさを演出できる画期的なワイン・日本酒サーバーを発売します。

画像出典:PRTIMES

 

サーバーの使い方

 

サーバーの特徴・概要

画像出典:PRTIMES

・設置ボトル:6本  ※ワイン、日本酒(720cc四合瓶)対応

・サーブと同時に、窒素ガスを自動で注入。劣化を防ぎ、美味しさキープ。

・左右の庫内温度は、それぞれ1℃単位で設定可。(5℃~18℃まで)

また、抽出量も左右それぞれ1cc単位で設定可。(1cc~200ccまで)

例:「赤ワイン14℃と白ワイン9℃」「ワインと日本酒」など、適温が異なるお酒を1台でサーブできます。

画像出典:PRTIMES

【お手入れ・メンテナンス】

・シンプルな設計で掃除もラクラク。ボトル交換も簡単で、どなたでもセッティング可能。

・安心の「メンテナンス日本全国サポート」。全国5箇所に拠点のある国内発売元で、アフターサービスいたします。サーバー導入実績多数。

画像出典:PRTIMES

■発売日:  今秋予定(2019年11月末頃)

■価格:  納入価格(税別) 648,000円 ※配送設置費無料サービス中(2020年12月まで) 北海道・沖縄・離島は別途見積もり

■サイズ:  W845×D505×H645(mm)

■重量:   約50kg

■設置可能本数:750mlボトル6本(左右各3本) ※マグナムボトルは各部屋1本まで収納可 ※一升瓶収納不可

■設定可能温度:5℃~18℃

■設定可能量:1cc~200cc

■冷却方式(冷媒):コンプレッサー(R134a)

■定格電圧・周波数:100V・50/60Hz

■定格消費電力:110W

※ワインの抽出・保存に窒素ガスを使用する商品です。別途、ガス会社との食品添加窒素ガスの契約が必要です。(半年に一度、ボンベの交換必要)

画像出典:PRTIMES

 

まとめ

鮮度を維持したまま、セルフサービスを実現するサーバー。

お店としては人員削減、利用者には面白さというメリットがあって魅力的ですね。

気になるのはメンテナンス面やランニングコストでしょうか…!

 

編集長
海外では以前から発売しているので、既に導入しているお店もたまに見かけますね!

 

人気記事をチェック

-ニュース

Copyright© ワイナビー! , 2019 All Rights Reserved.